自分の持つスキルを生かせる仕事を見つける

子供の時からの努力を生かす

漢字検定で大人になっても恥をかかない

皆さんは漢字検定に挑戦したことはありますか。
漢字検定は小さい頃からいくらでも取れる資格なので、割と誰でも挑戦できます。
漢字検定がどんな仕事に生かされるかと言うと、意外と色々な場面であります。

例えば電話応対で予約する際、名前をお客様に聞くことがあります。
地域によっては珍しい苗字が多く使われているところがあるので、ある程度苗字に使われる漢字を覚えておく必要があります。
何度も聞き返すのは失礼なので多くの漢字をマスターしていた方が有利だと思います。

特に斉藤や、高橋などに使われる旧漢字は、とても似ていてややこしいので、間違えないようにしなければいけません。
漢字は知っていれば知っているほど得することが多いので、必要なスキルかもしれません。

計算に強いのは必要なスキル

皆さんはそろばんの使い方をご存知ですか。
最近では電卓が当たり前の時代になってきました。

ちょっとした計算なら数字を打てば答えが出てくるので圧倒的に有利に見えますが、そろばんにはとても大きなメリットがあるのです。
それは多少の計算ならば電卓を打つよりも早く頭の中で計算ができるようになってくることです。

要するに暗算が早く正確にできるようになるのです。
このようなスキルを活かせる仕事は、様々あります。
税理士会や銀行員、会計士や事務仕事など色々な仕事で活躍できるのです。
履歴書に載せるには、簿記検定を受けてみると良いでしょう。

この資格さえあれば、充分就職の際に役に立ちます。
簿記検定も子供の頃から取れる資格なので、学生の時から受けてみるのも良いかもしれません。


この
記事を
シェア

TOPへ