自分のスキルをどんどん生かす

正しい日本語を学ぶ

自分で会社を立ち上げた際に、一番必要なのは信頼関係です。
様々な人とかかわっていくもなので失礼のないようにしなければいけません。
皆さんは当たり前のように日本語をしゃべっていますよね。
日本語はとても覚えるのが大変です。
日本特有の文化もあります。
手見上げを渡すときの「つまらないものですが」が代表的で、日本人はそれを、お心遣いととらえていますが、外国人からすればつまらないものを人にあげるのかととらえてしまうのです。
日本人だからといって正しい言葉を使えているのかが気になる方はぜひ失礼のない日本語や基礎知識が学べるセミナーを受けた方が良いかもしれません。
セミナーでは会社員としてのノウハウを学ぶことができるでしょう。
インターネットで検索すればいくつものセミナーが開かれています。
自分に必要なスキルアップのためにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

英語は話せて当然の時代がくるかも

現在日本に働きに来ている外国人は120万人を超えているそうです。
外国人の中には日本語がほとんど話すことができないけど英語なら話せるという人が圧倒的に多いようです。
最近義務教育の時から英会話の授業が行われるようになってわかるように、英語は日常会話ができるくらいの語学は欲しい方が多いでしょう。
しかしながら英語の授業で使われる言葉はいつ使う場所があるのか疑問に思ってしまうほどめったにない会話が多いです。
最近流行りの聴いて覚える英語はよく使われる英会話をひたすらCDで聴くものです。
よく考えれば私たちも生まれた時から耳で日本語を覚えましたから、苦手な方でも思っていたよりも簡単に覚えられるかもしれません。
ここで注意点ですが、通勤途中でイヤフォンをつけてしまうと外周の音が聞こえなくなり大変危険ですので聴く場所は考えましょう。


この
記事を
シェア

TOPへ